硬貨

サラリーマンでも気軽に不動産投資する方法

資産価値の維持が重要

日本は少子高齢化で人口が減少していますが、都市部では人口が増加しているため、マンション投資も投資対象としての選択肢となっています。マンションの資産価値はマンション管理の巧拙によって大きく異なるので、管理会社の選択は重要です。共用部の日常管理をきちんと行う業者を選定する必要があります。

ソフト面も注意しよう

不動産投資をしている人の多くが優良な中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入すれば不動産投資は成功すると考えています。しかし、優良な収益物件を手にしただけではまだ足りません。購入した物件を優秀な賃貸管理会社に任せることではじめて、不動産投資で儲かる仕組みができあがるのです。

新しい内容の契約です

家賃の滞納があった時に家賃債務保証会社が大家さんに家賃を払ってくれる契約が一般的になっています。たくさんの家賃債務保証会社があり、多種多様なサービスがありますので、選択する時は会社の情報をきちんと把握し判断する事が大事です。

仕事に差し支えない方法

家とお金

サブリース契約が有用

サラリーマンが不動産投資で利益を上げるためには、本業となっている仕事がどれだけ忙しくなったとしても経営を安定させられるようにする準備が必要です。不動産投資は何十年というスパンで行わなければならないものであり、今は平社員で余裕があるというサラリーマンであっても、十年後には出世して管理職になってしまい、多忙な生活を送らなければならない可能性もあるでしょう。そのような先のことも考慮して十分に安定した経営を続けられるように配慮して不動産投資を行えばサラリーマンが行っても利益を上げていくことができます。忙しくても安定した経営を行えるようにするための方法として典型的なのが一括借り上げによるサブリースです。マンションやアパートを購入して、管理会社を選んでサブリース契約を結んでしまうという方法が効果的な方法でしょう。不動産投資を成功させるための基本となるのは、長い間に渡って購入したマンションやアパートなどを維持し続けて入居者を確保できる状態にし、十分な金額の家賃を徴収して収入を得ることです。そのためには不動産管理と入居者管理が必要になりますが、その労力はサラリーマンにとっては過酷になってしまうでしょう。サブリースをして一括借り上げをしてもらってしまうと、その業務は全て管理会社に任せてしまうことができます。数十年という長さでのサブリース契約をすることができるため、不動産投資をしたいサラリーマンはまず考えてみると良い方法です。

Copyright © 2017 サラリーマンでも気軽に不動産投資する方法 All Rights Reserved.