レディ

サラリーマンでも気軽に不動産投資する方法

新しい内容の契約です

男性

契約の始まりとサービス

一般的に賃貸借契約を締結する時に、今までは連帯保証人さんを契約時につけてもらっていました。しかし近年連帯保証人さんが取りにくいなどの理由で家賃債務保証会社が台頭してきました。これは、借主さんと家賃債務保証契約を締結し、家賃が遅れたりしたら大家さんに家賃債務保証会社から家賃が入ってきて、家賃の催促もやってくれるというものです。家賃が何か月も入らなくても保証してくれますしどうしようもなかったら訴訟を起こし、部屋の明け渡しまで責任を持って行ってくれます。今では、家賃債務保証会社を必ず付けないと契約できない所もある位メジャーな制度になってきました。その中で、家賃債務保証会社も数が多く、多種多様になっています。但し、会社ごとに色々と異なるサービスがあります。例えば保証してくれる期間が会社ごとに異なり、2年間保証してくれる所から退居するまで保証してくれる会社まであります。また、最初に契約をする時に保証料として家賃の半月分の会社もあれば1ヶ月分を払わないといけない会社もあります。費用に関していえば1年ごとに更新料を払わないといけない会社もあれば払わなくても良い会社もあります。家賃債務保証を行う際に一般的に家賃債務保証できるかどうかを審査されます。審査の内容が非常に厳しい会社もあれば厳しくない会社もあり、契約締結率に非常にばらつきが出ています。サービスが色々と異なってきていますので、会社の情報をきちんと把握してどの家賃債務保証会社を利用するかを検討したらいいでしょう。

Copyright © 2017 サラリーマンでも気軽に不動産投資する方法 All Rights Reserved.