レディ

サラリーマンでも気軽に不動産投資する方法

資産価値の維持が重要

マンション

共用部の管理に注意

日本では少子高齢化による人口の減少が著しく進行しているため、すでに住宅の数は世帯数を大幅に上回っています。しかしながら人口が都市部に集中する傾向が顕著になっているため、都市部ではマンションの投資も可能になっています。マンションの投資を行う場合には、マンション管理に注目をする必要があります。マンションは一戸建て住宅と異なり、大勢の住民が同じ建物を利用します。それにより、マンション管理によって資産価値が大きく異なるケースが現出しています。そのため、マンションは賃貸でも分譲でも共用部分のマンション管理が必要になります。専用部分は自己責任で維持管理を行うことになりますが、共用部分についてはマンション管理の専門家に維持管理を委託することになります。マンション管理を委託する場合には委託する範囲によって管理費が異なりますので、委託するスペックを明確にする必要があります。マンション管理で重要なことは、日常管理をいかに効率よくしかも質を高めて行う業者を選定することです。マンションの共用部は外部に集中しておりますので、日常の清掃や点検によって修理の頻度が異なり、耐用年数の長期化が可能となります。特に外壁や設備関係の維持管理が重要になっています。一般的にマンションは、購入時から経過年数が長くなるほど売買価格は下落することになります。しかし、最近は維持管理の優れているマンションの一部では、価格が下落せずに取引をされるケースも珍しくはなくなっています。

Copyright © 2017 サラリーマンでも気軽に不動産投資する方法 All Rights Reserved.