HOME>イチオシ情報>タワーマンションはどうやって売却したらいいのか

タワーマンションはどうやって売却したらいいのか

紙幣と積み木

売却手続きの流れを紹介

タワーマンションを売却しようと考えたら、まずは売却の流れを理解しましょう。ステップは3つあり、まずは査定、そして実際の販売活動、最後に契約です。査定はもちろん価格査定ですが、売りに出す時に売れやすくするポイントに売却理由があります。そんな事は関係ないと考えがちですが、買う側が納得出来る前向きな理由を用意しておいたほうが、より良い査定になりやすいというのも事実。また、住宅ローンの残債を不動産会社に先に伝えておいたほうがスムーズに行きますので、予め確認しておきましょう。不動産会社と契約が済んだら、いよいよ実際の販売活動に入ります。売り出し価格を決めて、内覧などにも対応して、積極的にセールスする心構えが肝心。焦らず、忍耐力を持って、どんなお客様にも真摯におもてなしをする気持ちが大切ですね。晴れて買主が決まれば、売買契約を締結して終了となります。

集合住宅

売却の際に必要なもの

タワーマンションを売却する場合に必要となる書類はいくつかありますが、絶対に必須なのは権利済証または登記情報識別通知です。そのマンションが引き渡された後、当時受け取っているはずの書類ですので、この権利証だけは絶対に探しておいて下さい。万が一見当たらないという場合には、別途手続きが必要です。いずれも不動産会社に相談が必要ですので、確認はお早めに。絶対に必要なのはこの書類だけなのですが、他にもあったほうが良い書類はあります。例えば売買契約書や重要事項説明書は買った時に受け取っていますよね。また、当時のパンフレットなどもあると、そのマンションのセールスポイントをあらためて見直すのに役立ちます。どうやって売っていくか、不動産会社と相談する時に便利なので、ある資料はなんでも揃えておくと良いでしょう。